MENU

第二外国語は中国語がお勧め

義務教育上では英語を必修科目として学習しますが、高校や大学にいくと
「第二外国語」として英語以外の言語の学習が始まります。普通の人は自分が興味を持っている国の言語や旅行に行きたい言語を選ぶようですが、特にこだわりが無いのでしたら中国語をお勧めします。

 

 率直な理由は「簡単だから」です。
日本語は中国から言語が入ってきているので、漢字は同一の意味を持つことが多いです。
文法は英語と近似していますので、英語の文法力があれば単語を漢字に置き換えるだけで
簡単に中国語の理解ができてしまいます。用は単語の理解が英語より恐ろしく簡単で
人によっては英語より簡単だと思います。

 

例を出してみます。
日本語:私 は 学生 です
英語 :I am a student
中国語:我 是 学生

 

我 =私
是 =英語で言うところのbe動詞
学生=学生(そのまま)

 

と本当に英単語を漢字で置き換えただけなのがわかります。
少し勉強しただけで長文でも理解できてしまいます。同じ「漢字文化」ですので。
単位の履修や進学にも簡単で高得点がとりやすいので便利です。

 

とくにこだわりが無ければ大に外国語は中国語にすることをお勧めいたします。